« 分類って面白いの? | トップページ | 思考停止の行き着く先 »

2008年3月16日 (日)

匿名サイトと情報操作

 以前にも書きましたが、私は2ちゃんねるのような匿名掲示板は全く関心がありません。閉鎖空間でやりとりするミクシィなども同じ。匿名サイトというのは関係者が情報操作するのに便利でしょうからね。

 悪徳商法マニアックスというサイトをご存知でしょうか。以前、このサイトを覗いて、トップページにある「悪徳サーチ」から「文芸社」で検索したことがあるのですが、そのときは確か何も出てこなかったと記憶しています。ところが昨日ひさしぶりに訪問して「文芸社」で検索をかけてみたら、ここの掲示板でも話題になっていたのですね。

 まあ、内容的にはたいしたことは書かれていませんが、読んでいって思わす「やっぱり・・・」と思ってしまいました。この書き込みの中に北海道新聞の記事が紹介されていたからです。No.56454の「ひかる」さんというハンドルネームの方です。

 その記事とは私と文芸社とのトラブルについて書かれたもので、「大金払ったのに出来上がりに不満… 自費出版よく確認を」というタイトルで生活面に掲載された記事です。私が文芸社と解約して2ヵ月ちょっと経った2002年3月4日に掲載されました。この記事では文芸社という社名は伏せていてA社となっています。さすがに北海道新聞は文芸社という社名までは出せなかったのでしょう。でも、私の名前はフルネームで掲載されています。

 この掲示板では新聞記事の内容を要約して紹介しているのですから、投稿者は記事を読んでいるのでしょう。ところが、不思議なことに私の名前はまったく書かれていません。A社を文芸社であるとしながら私の名前を出さないとは、何とも不思議です。この「ひかる」さんという投稿者はその後、文芸社と契約して満足しているようなことが書かれていましたが、他の投稿者からも疑われていました。

 もし私の名前が書かれていたらどうでしょう? たぶん名前でネット検索する人がいるでしょうね。そうしたら私がネット上で書いている文芸社の批判記事が出てきてしまいます。だから意図的に書かなかったのではないでしょうか? どう考えても、この「悪マニ」の掲示板でも情報操作が行われているとしか感じられません。

 さて、この北海道新聞の取材で一番いいたかったのは、もちろん不当な請求費用のことでした。何しろ76万もの編集費を請求したのに、編集らしいことはほとんど何もやっていなかったのですからね。で、このトラブルが円満に解決したと思った方がいるかもしれませんが、とんでもありません。

 私は「おかしい」と思ってからメールでの協議を開始しましたが、こらからは解約を要請しませんでした。なぜなら、契約書では著者側に起因する理由で解約する場合は支払った負担金は戻ってこないことになっていたからです。「本もできなければお金も戻らない」という最悪の事態を避けるためには、文芸社側に落ち度があることを明確にさせなければなりません。それに刊行の期限がありましたから、作業を中止させずに交渉をしました。

 もちろん文芸社は回答に行き詰ることになり、「満足できないなら全額返金で解約する用意もある」と申し出たのです。それで、私の方から合意解約書を送りつけて解約をとりつけました。こちらの作戦勝ちといえるでしょうね。結局、文芸社に投げかけた疑問は解決されませんでした。

 文芸社は、組版に入る前にさっさと解約を申し出ていれば組版の費用もかからなかったでしょうし、メール協議でボロを出さずに済んだでしょう。ゴリ押ししようとしたのがいけなかったのです。タダのおばさんだと思って甘くみたのかもしれません。

 ついでに説明しておきますが、この新聞記事では文芸社側のコメントもとっています。それを紹介しておきましょう。

 「当社の協力出版で五千冊以上売った実績は全体の一割程度だが、ある。それを目指すとの意気込みだったが、著者側に『必ず売れる』との誤解を生じさせたかもしれない。また、編集作業が遅れたのに、十分説明せず、不審に思われた部分もあったので謝罪し、全額を返金した。今後は、こうしたことがないようにしたい」

 「五千冊以上売った実績が全体の一割程度」などというのはとても信じられませんね。私には増刷になるのは全体の一割程度という説明でしたが、それすら信じられません。それから「編集作業が遅れた」としていますが、編集者とのメールのやりとりではそんなことは一言もいっていません。予定通りだとしているのです。あきれるコメントです。

 まだ共同出版問題が今ほど知られていなかった頃に掲載された記事ですから、自費出版業界などではちょっとした話題になったようです。

 でも北海道新聞は、この後は共同出版問題についてほとんど取り上げていないですね。不思議なくらい。道新は、北海道警察の裏金問題ではすごく精力的に取り組んでいましたが、道警に弱みを握られてからはサッパリ書かなくなってしまったようです。私のトラブルを取り上げたことが、よほど応えたのでしょうか…。

 話をもどしますが、やっぱり匿名掲示板は情報操作の場になっているんでしょうね。「悪マニ」でも、JANJANのような情報源の特定できるニュースサイトの記事の紹介がまったくないのに、なぜか2ちゃんねるのことなどが書かれています。それだけでも怪しいですね。

 ついでに言えばウィキペディアも相当おかしいですね。たしか以前は「新風舎」の項目に私のJANJANの記事が全部リンクされていましたが、途中からなくなってしまいました。それに、今はウィキペディアの「文芸社」を見ると、批判的なことが消えてしまいましたからね。誰が編集しているんでしょう?

 なお、私の文芸社との経緯はこのブログのカテゴリー「共同出版・自費出版」の一番はじめに書いています。

共同出版って商業出版?それとも自費出版?

出版社と対決へ

出版社との協議は疑問の連続

出版契約の解約成功!

契約は商業出版、実態は自費出版

 そして、私が一番いいたいことは、やはりJANJANに一番最初に書いた記事につきますね。

文芸社「協力出版」で著者に請求する制作費は正当か?

« 分類って面白いの? | トップページ | 思考停止の行き着く先 »

共同出版・自費出版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/32401092

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名サイトと情報操作:

« 分類って面白いの? | トップページ | 思考停止の行き着く先 »

フォト

twitter

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ