« 環境宣言の前にまず実践を! | トップページ | 深まる文芸社への疑問 »

2007年6月24日 (日)

高嶺の鬼蜘蛛

Matsudatakaneoni  高山植物のことを「高嶺の花」ということがあります。気象条件の厳しい高山帯で、短い夏を謳歌するように可憐な花をつける高山植物は、まさに「高嶺の花」。ただし、これを盗掘して売る人にとっては「高値の花」ですが・・・。

 ところで、クモにも「高嶺の蜘蛛」、要するに高山性のクモがいます。氷河時代は大陸とサハリン、北海道は陸続きになっており、大陸の北部に棲んでいたクモが北海道にも移動してきました。氷河時代が終わり温暖化していくと、海水面が上昇して北海道とサハリンの間には海峡ができ、そのようなクモは高山に取り残されてしまったのです。氷河時代に北から日本に移動してきたものの、高山帯にとりのこされてしまった生物を、「氷河時代の生き残り」なんていいますよね。

 さて、そのような「高嶺の蜘蛛」のひとつにマツダタカネオニグモというクモがいます。北アメリカやユーラシア大陸北部にこのクモの近縁種が生息しています。もとは同じ種だったのでしょう。

 マツダタカネオニグモが確認されているところは大雪山国立公園内の2つの地域だけです。高嶺という名がついていますが、「高山帯」ではなく、もう少し低いところに棲んでいます。高山にもいるかも知れないのですが、現時点では確認はされていません。

 では、どんなところに生息しているかというと、岩塊地なのです。岩塊地の岩と岩の間に円い網を張っています。そして体の色や模様が岩についている地衣類にそっくり! 網を張っていると見つけやすいのですが、岩に止まっていると本当にどこにいるのかわかりません。

 このクモが新種記載されたのは1994年で、分布や生態などを詳しく調べている人はいませんから、実態がよくわかっていません。そして成体が見られる季節は5月下旬から6月頃。岩場で粘っていると、雄のクモが雌の網にやってきて、プロポーズしているところが観察できます。生息地の岩場では、小さいクモ(幼体)は比較的多く見られるですが、成体はそんなにたくさんはいません。それで、環境省のレッドリストにも掲載されています。

 何万年も前に大陸からやってきた小さな生物が、氷河時代が終わってから1万年の間、ごく限られた岩塊地でずっと生きてきたのかと思うと、その生命力の強さに感心させられます。でも、1万年間生きてきた生物でも、ちょっとした環境の変化などでいなくなってしまうこともあり得るのです。自然とはそういう微妙なバランスのうえに成り立っています。そして、今の時代は、人間がつねに「環境の変化」をつくりだしているといえます。だから、「1万年間生き続けてきたのだから、簡単に絶滅などしない」などとは誰もいえないのです。

« 環境宣言の前にまず実践を! | トップページ | 深まる文芸社への疑問 »

クモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185959/32011713

この記事へのトラックバック一覧です: 高嶺の鬼蜘蛛:

« 環境宣言の前にまず実践を! | トップページ | 深まる文芸社への疑問 »

フォト

twitter

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ